うりとシンバのつれづれ日記

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ひまわりが咲きました | top | 台風ですね… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

もはや修行の山登り

3連休、楽しくお過ごしでしたか(^^)
我が家は金曜日から寅蔵が休みで4連休…。
くじゅうに山登りに行く計画を立てていました。5時に起きて、天気予報を見るとくじゅう周辺はお天気がいまひとつ…ということで、急遽よく晴れていそうな天草へ向かうことにしました。
3年前にシンバと旅行した思い出の天草。
遠い遠い天草(^_^;

太郎丸岳、次郎丸岳という隣り合った山に登るということになり、9時前に登山口を出発。

最初はキラキラの雑木林を快調に進んでいましたが…


獣道のようなシダに覆われた道や、急坂になっている部分を備え付けられてるロープ をつかんで登ったり、これまでの山登りとは様相がかなり違って…(*_*)

極めつけは土の坂ならまだしも、岩をロープを頼りに登っていくという、とてもトリッキーなハイライト(;゜∇゜)

先に少し低い太郎丸岳(281メートル)を目指したのが、その先が頂上だと、半べそかきながら岩にはりついて上がったところは間違いで、さらに先の岩の上が頂上なのでした…(T_T)





あの尖ったところが次郎丸岳の頂上。これからあそこへ向かうのか…遠い…

続いて登った次郎丸岳は、最後に大きな大きな岩を登らないと頂上にたどり着けないという過酷さ…。



またまた半べそでロープを必死にたぐりよせ上がった岩の上が1番美しい眺望でした。


着いたー\(^o^)/ 397メートル。



この日は結局5時間半の山登り。
今までで1番長く、標高差もある登山でした。
すごく天気がよかったので、暑くて暑くて(^^;
降りてきたらすぐコンビニを探してクーリッシュでクールダウンしました(^^A

夜は阿蘇に宿を取っていたので阿蘇まで移動。天草から遠い遠い移動でした〜。
********************

翌日は、当初の計画通り朝から阿蘇の草千里へ。

思い出深い草千里(*´∀`)
しかし、なにやら黒いものが空にたなびいていて…2〜3日前に再び噴火したそうで、今日はいつもと風向きが違って、こちらに流れてきていると…。


奥に写っている烏帽子岳への登山口やコースを駐車場の男性に教えていただき、颯爽と登山口へ向かって歩き出して5分…上空黒くたなびいていた火山灰がこちらまで降ってきました( ; ゜Д゜)
私たちは二人ともコンタクトにサングラスをしていたのですが、どうにも目が痛くて痛くて、烏帽子岳は諦め、たった5分で駐車場に引き返してしまいました。

ついさっき出発したはずの私達がすぐ戻ってきて、しかも階段のところでしゃがみこんでゴソゴソしているのを見て、先ほどのスタッフの男性が心配して近寄ってこられました。風を避けながら必死にコンタクトを外してメガネになっている私達を見て、苦笑いしながら、「痛いですよね〜私もコンタクトだからお気持ちわかります!」と…。


ちょっと様子を見て、火山灰が来てなさそうな反対側の杵島岳へ登ることにしました。
私達と同じく、烏帽子岳へ向かったけど火山灰に阻まれて杵島岳へ向かうことにしたと話されたご夫婦も、お目目はしょぼしょぼ、着衣は茶色く火山灰が付着しています。


杵島岳はずっと道が整備されていて、階段は大変だったけど、草や虫や滑りそうな場所に悩まされることもなく、快調に登れました(^^)


着いたー\(^o^)/ 1321メートル。



杵島岳を下山したら、烏帽子岳の上空の火山灰が取れていたので、さらに烏帽子岳も登ることに。



こちらは杵島岳と違って草花が生い茂っていて、トゲトゲのアザミに何度もチクチクされました(T_T)




そして登ること50分ほどで、烏帽子岳の頂上(1337メートル)に到着\(^o^)/


少し雲のなかに入ったようであまり見えなかったけど、下山していくうちに草千里の姿がよく見えて嬉しくなりました(*´∀`)



途中は熊本地震の崖崩れの場所もあり、その大きさに衝撃を受けました。すぐ横を降りるので、これまたコワイ。


無事に杵島岳、烏帽子岳を登って駐車場に戻り、駐車場の先ほどのスタッフの男性にもご報告して、温泉に入り、お昼ごはんをたらふく食べ、福岡へ戻りました。

山登り…今回は過酷だったよぉ…f(^_^;
ただ、ゆっくりでも、ひたすら一歩を踏み出していれば、いつかは頂上にたどり着くのです…。ふぅ。
階段や岩場などの試練を乗り越え…ふぅ。
もはや修行だわ。
何度もへこたれながらも、4つの山を制覇して、わたし、少しはたくましく成長できたかしら…(^^ゞ

おまけ

火山灰の積もったマイカー。
観光客が写真に撮ってたー(;゜∇゜)


おでかけ | comments(6) | -

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
KAZ
2019.09.18 Wed 11:44
うりさん、お疲れさまでした。
岩をロープをつかってよじ登る…VS嵐のような(^_^;)
一歩づつ歩をすすめれば必ず登れるって深いです。
そして翌日はのんびりかと思いきや、阿蘇で山登り。登りきった時の爽快感や景色がご褒美ですね、きっと。
灰は災難でしたが、それも楽しい思い出に変わりますねー
うり
2019.09.18 Wed 17:49
*KAZさん*
はい〜f(^_^; 疲れました〜。
VS嵐(≧▽≦)あはははは。あれは楽しそうですね。私はほんとに怖かったんですよ〜(T▽T)
実は最近、毎週末近くの山を登っていて、だいぶ体力がついてきたのでは…とも思ってたんですけど…もうヘロヘロ。ねー、深いですよね。きついなぁと歩きながら、こんなことを考えています…(^^ゞ
nono
2019.09.19 Thu 13:59
わー爽快な眺め( 〃▽〃)
ちゃんと自分の足をしっかり使って登ったうりさんたちからの眺めのおすそわけ、贅沢でありがたいです〜(^o^)
車のタイヤとかも大丈夫でしたか?灰の上は滑るみたいですよね。風向きとかでも全然来る量も違ってくるみたいだし…。
それにしても毎週末山登りだなんてうりさんすごすぎる(≧▽≦)
日本は山が多いから次はどこ行こうとかたくさん楽しめそうですね(^^)b
うり
2019.09.19 Thu 20:27
*nonoさん*
はい〜(´▽`;)ゞ自分の足でゆっくりだけど、登りきりましたー。今思い出して、よく登れたもんだと思います(^^ゞ草千里の切り株が写ってる場所は以前マロンちゃんとランチちゃんとシンバで記念撮影したところなんですよ(*^^*)
車のタイヤは大丈夫でした!風向きってほんとですねー。あの目が痛くて引き返した時が一番飛んできてたようでした。
毎週末の山登りは往復1時間半〜3時間くらいのものなんですけど、まさかこんなに山登りするなんて自分でも驚いています…f(^_^; ハマってるわけではない…のですが、体力はつけたいなーと…(’-’*)♪
りんりん
2019.09.21 Sat 23:38
うりさん、登山お疲れさまでした\(^o^)/2日も本格的にすご〜〜〜い!
一日目の登山は、岩場にロープがあったんですね(;・∀・)それはとても過酷そうです。。。
阿蘇は噴火してるんですね(・_・;)火山灰にはガラスのようなものが入ってると聞きました!コンタクトには相当痛そうです〜(汗)
でも苦労して登ったあとの風景は本当に気持ちいいでしょうね(*^^*)途中の山野草たちもかわいくてほっとしますね(*^^*)アザミさんには攻撃されたみたいですが(^m^)
うり
2019.09.22 Sun 20:11
*りんりんさん*
ありがとうございます(^^ゞ 2日も続けてて山登りなんて、ほんの1〜2ヶ月前までは想像もしないことでした…(^^A そーなんです!ロープで岩をよじ登るんですよー(T▽T)腕の力なんて最近いつ使ったかしら…f(^_^;
阿蘇、中岳がモクモク噴火してました。阿蘇に泊まった翌朝出るときにすでに車にうっすら火山灰が積もってて嫌な予感がしたんですけど、まさかあんなことになるとは…(T▽T)
烏帽子岳の野草の花かわいかったですー(*^^*)アザミはですね…チクチク…勘弁してくれーって感じでしたけど〜f(^_^; だは。
コメントする











Profile

Category

Archives

Links

Comment

Other